生活保護を受けていた人間の葬儀【情報を集めてスムーズに行なう】

花

冷静なうちに判断しよう

蝋燭

人が亡くなった後は、何かと手続きをしなければならず、忙しいので気持ちに余裕を持つことができません。四條畷市周辺で葬儀の予定があるという場合には、故人が生きている間に任せる業者を決めておくことが大切です。

More...

どのように送り出すか

数珠

千葉で葬儀をしなければいけないとき、まずは、葬儀社を探さなくてはいけません。どのようなスタイルの葬儀で行うのかあらかじめ決めておく必要があるのです。また、遺体の搬送先も自宅なのか、斎場なのかを選びます。

More...

喪主が決まったら

ろうそく

葬儀をする場合には、いろんなことを決める必要があります。喪主や、八尾にある葬儀社、また葬儀のスタイルなど準備することは多いです。また、費用を把握するためにも見積もりを取っておくことも大切でしょう。

More...

生活困窮者の葬式

葬儀

補助を受ける際には

生活保護を受給している家庭で誰かが亡くなった場合は、生活保護の葬祭扶助費を受給することができます。生活保護を受けなくてはならない状況に追い込まれている家庭では、葬儀費用にあてられるような貯金など持っていないのが普通です。しかし、人としての尊厳が保たれた方法で見送られることは、全ての人が当然に持っている権利です。そのため、生活保護受給者は葬儀費用の補助を受けられることになっています。ただし、葬祭扶助費の申請手続きは必ず葬儀業者が行うことになっています。また、扶助費の支給も葬儀業者に対して行われます。遺族が申請手続きをとったり扶助費を直接受給したりすることは認められておりませんので、注意が必要です。

どのような形式なのか

生活保護費で営まれる葬儀は、直葬と呼ばれる形式のものになります。直葬ではなく火葬式と呼ばれることもありますが、文字通り、火葬がメインの葬儀になります。葬祭扶助費の支給額は自治体ごとにバラバラになっていますが、概ね20〜30万円といったところです。この金額では、通夜や告別式を営むことはできません。そのため、火葬のみで故人を見送るのが一般的になっています。通夜や告別式を行わないと供養として不十分になってしまうのではないかと心配する人がたまにいますが、葬儀で大切なのは故人の霊を慰めたいと思う心です。故人の死を悼む心が伴っていれば、火葬だけでも立派な葬儀になります。ちなみに、葬儀社の中には、火葬炉の前で僧侶にお経をあげてもらうサービスを提供しているところもあります。